お役立ち情報

バイクガレージを安く設置する方法4選【最安2万円で設置可能】

悩む人
悩む人
バイクガレージを安く設置するにはどうすればいいの?

この記事ではこういった疑問を解決します。

✔︎この記事を書いてる人

この記事を書くボクはバイク歴6年、バイク屋で整備スタッフとして3年間働いていました。

まだまだ勉強中ですが、有益な情報を発信できたらなと思っています。

クラシックバイク(特に外車)が好み。

この記事では安く設置できるバイクガレージについて解説します。

最安20,000円ほどで設置可能。

それでは、最後までお付き合いください。

  • 安く設置可能なガレージのタイプを解説
  • それぞれのタイプのメリット・デメリット

バイクガレージを安く設置する方法4選を解説【最安2万円で設置可能】

安くバイクガレージを設置する方法は以下の3種類!

  • テントガレージ
  • 自作ガレージ
  • コンテナ
  • 床付きタイプの倉庫

それぞれ、価格帯は異なりますが、どれも安く設置できるバイクガレージです。

次に、おおよその費用を比較してみましょう。

  • テントガレージ:2万円〜10万円
  • 自作ガレージ:10万円〜
  • コンテナ:6万円〜
  • 床付きタイプの倉庫:25万円〜

価格だけで比較すると、テントガレージが圧倒的に安く設置できることがわかりますね。

「できるだけ安くバイクガレージが欲しい!」という方はテントガレージ”一択”

ただ、耐久性や耐風性は限界があるので、注意が必要です。

それぞれの方法について、もう少し詳しく解説していきましょう。

テントガレージのメリット・デメリット

安く設置可能なバイクガレージの最有力候補のテントガレージの魅力はなんといっても、5万円以下で設置できてしまうこと。

最安の場合、2万円で設置可能。

テントガレージの場合、組み立ても簡単な上、コンクリートの基礎がなくてもOK。

価格だけでなく、手軽に設置できる点も魅力です。

低価格が魅力のテントガレージですが、耐久性や耐風性にはやや不安は残ります。

とはいえ、メーカーも対策済みなので、ある程度の風であれば、問題なし。風対策や耐久性を補うオプションもあります。

テントカバーは日差しや雨によって、劣化していきますが、補修用スペアカバーが別売りされているので、その点は安心ですね。

フレーム自体はけっこう頑丈な作りのようで、レビューを見ると、5.6年以上使っていても問題ないようです。

  • 最安で設置可能(2万円〜)
  • 組み立て簡単
  • コンクリート基礎いらない
  • 補修用スペアカバーある
  • 狭いスペースにも設置可能
  • 大雨や強風には弱い
  • 防犯性に劣る

テントガレージはけっこうおすすめなので、こちらの記事で詳しく書いています↓

バイク用テントガレージのおすすめ3選を紹介【簡単に設置できる】 この記事ではこういった疑問を解決します。 テント型のバイク用ガレージは設置も簡単で価格もお手頃なので、おす...

自作ガレージのメリット・デメリット

自作ガレージの魅力は、自分の好きなように作れること。

設置するためのスペースが狭く、既製品では対応できない場合にもおすすめの手段です。

作り手のレベルにもよりますが、既製品より頑丈に作れる場合も多いと思います。(単管パイプなど)

デメリットは、なんだかんだで意外と高くなってしまうことと、制作の手間がかかること。

参考までに、単管パイプは2mで3,000円ほど、接続に使うクランプは400円ほど。

これらの部材をたくさん使用することになるので、それなりに費用はかかってしまいますね。

  • 好きな大きさ・デザインで作れる
  • 既製品よりも頑丈な場合も
  • コンクリート基礎はなくてもOK
  • 意外と高い費用になってしまう
  • 制作の手間がかかる
  • 下手に作ると、強度不足になる場合も

コンテナガレージのメリット・デメリット

コンテナガレージも安く設置できる手段の一つです。

ただ、新品で購入すると20万円〜になってしまうので、中古で購入するのが安く設置するためには必要です。

ヤフオクなんかで探すと、安いもので6万円ほどでも購入可能。

コンテナガレージのメリットは、頑丈で耐風性や防犯面に優れること。

鉄の塊なので、ちょっとやそっとの風では吹き飛ぶことはありません。防犯面についても破壊するのは困難です。

コンテナ自体が重いので、設置後に場所の移動が難しくなるので注意。

デメリットは、輸送費がかかることと、中古でボロいことがあること。

オークションで安く落札できたとしても、輸送するために数万円かかる場合もあります。

また、中古ゆえ、雨漏りや修理が必要な場合もあるので、注意が必要。

安く綺麗なコンテナが見つかれば、おすすめの手段ですが、購入の際には注意してください。

  • 頑丈
  • コンテナ自体は中古で安く購入可能
  • 防犯性に優れる
  • 中古なので、修理が必要な場合もあり
  • 送料が高くなる場合も
  • 設置後の場所移動が難しい

床付きタイプの倉庫のメリット・デメリット

床付きタイプの倉庫とは、いわゆるイナバ物置みたいなタイプの倉庫です。

この物置には種類があって、床付きタイプと土間タイプに分けられます。

 

安く設置するには床付きタイプがおすすめ。

コンクリート基礎はやはりコストがかかります。

既製品の床付き倉庫のメリットは、防犯性や耐風性などに優れること。

強度だけで見れば、コンテナガレージの方が頑丈かもしれませんが、使い勝手はこちらの倉庫が有利です。

デメリットは価格がやや高めなこと。

価格はネットで購入すれば、25万円〜購入できます。送料無料の場合が多いので、嬉しいポイントの一つ。

 

バイク専用のデイトナガレージも人気ですよね。

組み立てをDIYで行えば、商品金額だけで済むので、意外と安く設置できます。

『ネットで送料無料の倉庫を購入→DIYで組み立て』で最小限の費用で設置可能。

【加瀬のトランクルーム】では、月額でガレージをレンタルすることも可能です。

選べる4タイプ!加瀬倉庫にバイクを収納するときの注意点 今回の記事では『加瀬倉庫でバイクヤードを借りる際の注意点』について紹介します。 加瀬倉庫では4パターンから...

【まとめ】バイクガレージは安く設置できる

さて、いかがでしたでしょうか。

安くバイクガレージを設置できる方法について紹介しました。

  • テントガレージ:2万円〜10万円
  • 自作ガレージ:10万円〜
  • コンテナ:6万円〜
  • 床付きタイプの倉庫:25万円〜

比較してわかる通り、安く設置するのであれば、テントガレージがおすすめです。

おすすめのテントガレージについてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

バイク用テントガレージのおすすめ3選を紹介【簡単に設置できる】 この記事ではこういった疑問を解決します。 テント型のバイク用ガレージは設置も簡単で価格もお手頃なので、おす...

防犯性や耐久性を重視するのであれば、コンテナや既製品の倉庫を選びましょう。

それでは、目的に合ったガレージ選びを!

この記事がお役に立てれば幸いです。

ABOUT ME
LUDOSPACE
バイク、車、DIYなどが趣味の25歳。整備士として勤務中。有益な情報をお届けします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です