お役立ち情報

バイクのバッテリーを小型化するにはリチウムバッテリー!80%の軽量化ができます。

『バイクのバッテリーを小型化したい!』

そんな方にオススメしたいのは、リチウムバッテリー。

リチウムバッテリーにすれば、なんと通常の鉛バッテリーに比べ最大80%の軽量化が出来ます!

バッテリーの大きさにもよりますが、例えば、

250ccクラスのバイクに積まれる鉛バッテリー2.5kgほどが、リチウムバッテリーの場合、なんと、、、

0.6kg!!

およそ1/4ほどの重量です。コレはすごい。

ぶっちゃけ、軽量化という面では、社外マフラーに交換するよりコスパ良いです。

とはいえ、デメリットもあるので、今回はリチウムバッテリーについて、メリット・デメリットを調べてみました。

バイクによって合う合わないがあるので、購入前には要チェックです。

リチウムバッテリーはこんな人にオススメ!

  • バッテリーを小型化(軽量化)したい
  • 冬場など週末しかバイクに乗らない
  • セルの重いバイクに乗っている

 

バイクのバッテリーを小型化するにはリチウムバッテリー!80%の軽量化!

まず、バッテリーの種類は

  • 鉛バッテリー
  • リチウムバッテリー

があります。

純正バッテリーは基本、鉛バッテリーが採用されています。

最近の新しいバイクには純正でリチウムバッテリーが採用されているケースもあるようです。

メリット

まず、メリットについて、鉛バッテリーとの比較をしてみます。

リチウムバッテリー

  • とにかく軽い(およそ1/5以下)
  • 小型化
  • 自己放電が少ない
  • 一気にパワーが出せる

鉛バッテリー

  • 過充電に強い
  • 過放電しても再充電できる

最大のメリット→小型化・軽量化できること。

鉛バッテリーに比べて1/5ほどの重量です。

250ccクラスのバッテリー2.5kgがリチウムバッテリーだと0.6kg

自己放電が少ない→バイクに乗る頻度が少ない場合もバッテリー上がりがしにくい。

これは週末ライダーなどにオススメできるポイントです。

久しぶりにバイクに乗ろうとしたら、バッテリー上がりでエンジンがかからない!ということがある方にオススメ。

一気にパワーが出せる→ハーレーなどセルが重いバイクに強い。

リチウムバッテリーは小さいながらにパワフルでもあります。

セルモーターを回す時には短時間で大きな電気を取り出す必要がありますが、その際にリチウムバッテリーの特性が生きてきます!

デメリット

次にデメリットを比較してみます。

リチウムバッテリー

  • 充電管理がシビア
  • 冬場など気温が低い時は儀式が必要

鉛バッテリー

  • 重い
  • 自己放電しやすい

充電管理がシビア

リチウムバッテリーには鉛バッテリーとは別の専用の充電器が必要になります。

というのも、リチウムバッテリーは、過充電・過電圧に弱い。

そのため、専用の充電器が必要。

充電器だけでなく、バイク自体の充電電圧も関係します。

充電電圧は大体13.5V以上14.8V以下である必要があり、それ以下でも以上でも充電されなくなってしまいます。

気温が低い時には”儀式”が必要

鉛バッテリーが冬場に弱い。とはまた別の現象ですが、リチウムバッテリーは寒さに弱いです。

そのため、セルモーターを回す前には”儀式”が必要。

その儀式とは難しいことではなくバッテリーの暖気です。

セルモーターを回す前にキーをONにして、30秒〜1分ほど待ちます。

それで、バッテリーが活性化されて、高い電圧を出せるようになります。

まとめ

さて、あらためて、こんな方にリチウムバッテリーをオススメします!

  • バッテリーを小型化(軽量化)したい
  • 冬場など週末しかバイクに乗らない
  • セルの重いバイクに乗っている

バッテリートラブルでお悩みの方、ぜひ、リチウムバッテリーを検討してみてはいかがでしょう。

それでは、素敵なバイクライフを!

 

ABOUT ME
taro
バイク、車、DIYなどが趣味の23歳。田舎でゆるく暮らしています。有益な情報をお届けします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です