ジャケット

【バイク用ジャケット】夏におすすめ!かっこいいモデル5選!

悩む人
悩む人
暑い夏場におすすめなバイク用ジャケットを教えて「!

この記事ではこういった疑問を解決します。

結論から言います。夏は「メッシュジャケット」一択!

メッシュなら、プロテクターも内蔵していて、安全かつ涼しいジャケットです。

間違っても、半袖で乗ろうなんて思わないでください。

半袖で転けようものなら、大ダメージは免れないですね。

そこで、今回の記事では、夏場でも安全に着れるかっこいいジャケットを紹介します。

記事の最後では、「どうしてもメッシュジャケットは嫌だ!」という方向けの選択肢も紹介します。

それでは最後までお付き合いください。

  • 夏場でもカッコよく着れるジャケットを紹介
  • メッシュジャケット以外の選択肢を紹介

✔︎この記事を書いてる人

この記事を書くボクはバイク歴6年、バイク屋で勤務。

整備士として働いています。

まだまだ勉強中ですが、有益な情報を発信できたらなと思っています。

クラシックバイク(特に外車)が好み。

【バイクジャケット】夏におすすめなかっこいいモデル5選!

メッシュジャケットを選ぶ際のポイントは3つ!

  1. プロテクター付きかどうか
  2. インナーを組み合わせる
  3. カジュアル→パーカータイプ

プロテクター付きかどうか

安全面を考慮するなら、プロテクターは必須。

ただ、金額も上がりますので、安いものをお探しの方は、プロテクターなしを選ぶといいでしょう。

プロテクター付きでもカジュアルなモデルがたくさんあります。

オススメなのはKOMINE(コミネ)のジャケット

シンプルなデザインでカラーバリエーションが多いです。

Amazonで11,000yenくらい。

インナーを組み合わせる

いくら通気生の良いメッシュジャケットを着ても、その中に着るインナーをおろそかにしてはいけません。

ジャケットの中に半袖のTシャツをに着るにしても、その中に速乾素材・冷感素材のインナーを切ることをオススメします。

数あるインナーの中でもオススメなのは氷撃(freezetech)

6,000yenほどするのでちょっと高いですけど、効果は期待できます。

なぜか、Amazonで黒のLサイズだけ半額の3,000yenで販売されています。(2020.6.30時点)サイズの合う方はお得だと思います。ぜひ!!

カジュアル→パーカータイプ

フード付きのモデルとフードなしのモデルがありますが、カジュアルにバイクに乗るなら、パーカータイプがオススメ。

フードないモデルだと“ライダー感”がけっこう出てしまうので(笑)

フードが着脱できるものもあります。

夏におすすめなバイクジャケット5選を紹介

それでは、おすすめのメッシュジャケットを紹介していきます。

1. プロテクター内蔵のメッシュパーカー!コスパも最強【コミネ JK-114】

 

コスパ最強でお馴染み、筆者オススメのコミネからプロテクター内蔵のメッシュパーカー!

デザインもカッコよく、肩・肘・背中にプロテクターも内蔵。それでもって価格もお手頃です。

迷ったらこれ!とオススメできるモデルです。

カラーバリエーションが多いのも魅力的ですね。なんと10種類もあります。笑

価格は13,000円ほどで購入可能!(Amazonの場合)

レディースサイズもあります。

  • メッシュ素材なので、通気性◎
  • 肩・肘・背中の三ヶ所にプロテクター内蔵
  • フード付きでカジュアルに着たい方にも◎(フード着脱可能)
  • カラバリ豊富(10種類)
  • 価格がお手頃
  • レディーズサイズもあり

▽購入はこちらから(カラー・サイズはリンク先から選べます。)

2. インナーの組み合わせも可能!プロテクター内蔵メッシュパーカー【RSタイチ RSJ334】

 

RSタイチのオレンジっていいですよね。

コミネのメッシュパーカーと同様に肩・肘・背中の三ヶ所にプロテクター内蔵です。

こちらのパーカーは防水・防風インナーを着用することができ、温度調整がしやすい特徴があります。

夏場とはいえ、標高の高い山などは冷え込むので、ありがたい機能ですね。

バタつきがちなフードもベルクロで固定できるので、走行中も安心。

カラーは6色展開。

  • 通気性の良いメッシュ素材
  • 肩・肘・背中の三ヶ所にプロテクター内蔵
  • 別売りの防水・防風インナーを組み合わせ可能
  • フードはベルクロで固定可能。バタつき軽減
  • 6色展開

▽購入はこちらから(サイズ・カラーはリンク先から選択可能です。)


防風インナージャケット(寒い時にもOK・めちゃコンパクト)

防水インナージャケット(雨でも安心・コンパクト)

3. シンプルなデザインの定番メッシュジャケット!【ホンダ エアスルーUVジャケット】

 

フードなしのジャケットがいい!という方も多いかと思います。

フードなしのジャケットでコスパのいいモデルをお探しの方にはこちらがオススメ。

プロテクターも肘・肩の二ヶ所に内蔵されてます。

フードのバタ付きなどがないので、走りやすさでいえば、フードなしの方が有利。

こちらのジャケットは8,000円ほどで購入可能というコスパ最強。

  • フードなしで運転しやすさ◎
  • コスパ最強
  • 肩・肘の二ヶ所にプロテクター内蔵
  • シンプルなデザイン
  • 4色展開

▽購入はこちらから(サイズ・カラーはリンク先から選択可能)

4. トラディショナルなデザインで防風インナー付属!【ラフアンドロード RR7327】

 

ラフアンドロードから、トラディショナルなデザインが特徴のジャケット!

こう見えてメッシュジャケットなので、通気性はOK。

また、防風インナーが付属しているので、朝方や夕方の冷え込み時も助かりますね。ロング丈なので、ショート丈に比べ暖かいです。

大容量の収納ポケットが多くロングツーリングにはうってつけのジャケットですね。

トラディショナルなデザインなので、旧車などにもマッチします。

肩・肘・背中の三ヶ所にプロテクター内蔵。

  • ロング丈のメッシュジャケット
  • トラディショナルなデザインで旧車などにもマッチ
  • 肩・肘・背中の三ヶ所にプロテクター内蔵
  • 防風インナー付属で朝方の冷え込みもOK
  • 大容量ポケットが多く、ロングツーリングにオススメ

▽購入はこちらから

5. カラバリ豊富なフードなしジャケットならこれ!【コミネ JK-128】

 

みんな大好きコミネからフードなしのジャケットも紹介します!

なんと、、13色ものカラーバリエーションがあります。

きっと好みのデザインが見つかるかと。

メッシュジャケットなので通気性もOK!

フード付きパーカーに比べ価格が安いのが魅力的で、プロテクターは肩・肘・背中の三ヶ所に内蔵しています。

裾がジッパー式になっているなど機能的で使いやすいのも特徴。

  • 脅威に13色展開
  • 通気性のいいメッシュ素材
  • 肩・肘・背中の三ヶ所にプロテクター内蔵
  • 10,000円ほどで購入可能!

▽購入はこちらから(カラー・サイズはリンク先から選べます。)

メッシュジャケット以外の選択肢もあります

どうしても、「バイク用のジャケットは、、。」という方には、インナープロテクターもオススメです。

インナープロテクターであれば、普段着でも使用可能です。

このようなインナープロテクターであれば、かなり目立ちにくいですね。

詳しくはこちらの記事へ↓

【普段着で使えます。】気軽につけれるバイク用プロテクターおすすめ7選! 今回の記事では『バイク用プロテクター』について紹介します。 結論から言うと、安全にバイクに乗りたいけど『バ...

【まとめ】夏でもかっこいいジャケットはたくさんあります

さて、いかがでしたでしょうか。

夏でもかっこいいバイク用ジャケットを紹介しました。

夏用のジャケットは冬用に比べて、価格が安めなのも魅力的ですね。

夏場での快適性を重視するなら、やはりメッシュジャケットがオススメ。

デザインもカッコいいものが多く、選びやすいと思います。

プロテクター内蔵のモデルがオススメ。

カジュアルに乗りたいかたは→フード付きパーカー

動きやすさ乗りやすさ重視なら→フードなしジャケット

それでは、夏場でも快適なバイクライフを!

ABOUT ME
LUDOSPACE
バイク、車、DIYなどが趣味の25歳。整備士として勤務中。有益な情報をお届けします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です