バイクを買う

これで失敗しない!初めてのオフロードバイクの選び方【メーカーから選ぶ編】

どうも!

本記事では『初心者でも失敗しない!』をテーマにオフロードバイクの選び方について書いていきます。

悩む人
悩む人
初めてのオフ車、何を選べばいいかわからない!!

という方は必見!

  • 足つき
  • 性能
  • 見た目
  • 新車or中古

悩むポイントはけっこう多いですね…。

バイク屋で働くボクがわかりやすく解説します!

それではいきましょう!

この記事を書くボクはバイク歴5年、バイク屋で勤務。

まだまだ勉強中ですが、有益な情報を発信できたらなと思っています。

クラシックバイク(特に外車)が好み。

これで失敗しない!初めてのオフロードバイクの選び方【初心者必見】

まず、オフ車の種類について、ざっと説明していきます。

大きく分けて4つに分類されます。

  • モトクロッサー
  • エンデューロレーサー
  • トレールバイク
  • アドベンチャーバイク

こんな感じに分類されます。

モトクロッサーとエンデューロレーサーはレース用の車両で、公道で乗るようには作られていません。

なので、基本的にここで紹介するのはトレールバイクについてになります。

アドベンチャーバイクは最近流行っているジャンルで、別記事にて紹介します。

本記事では

  • メーカーで選ぶ
  • 排気量で選ぶ
  • 足つきで選ぶ
  • 性能で選ぶ
  • 価格で選ぶ

といった感じで、進めていきます。

と、その前にオフ車のメリット・デメリットについて解説したいと思います。

オフロードバイクのメリット・デメリット

まず、オフ車のメリットから

  • 軽い
  • オン・オフどちらも走れる
  • 燃費が良い
  • 整備性が良い

オフ車のメリットはたくさんあります。

ボク自身もオフ車を所有していますが、軽さは正義です。まじで。

ちなみに、ボクが乗っているのはYAMAHA TRICKER

オフ車の中でもトップクラスに軽量。

車体が軽い

基本的にオフ車は軽く作られています。

軽いバイクは本当に素晴らしくて、林道などのオフロードはもちろんのこと、街乗りでもとても乗りやすい。

バイクを操っている感覚が掴みやすくて、初心者の方にもおすすめできるポイントでもあります。

250ccのオンロードバイクと車重を比較してみます。

  • YAMAHA YZF-R25 → 167kg
  • YAMAHA セロー     → 133kg

その差33kg!!

めっちゃ軽いです。

YZF-R25の167kgも十分軽いですが、それよりもずっと軽い。

オン・オフどちらも走れる

オンロードバイクでオフロードを走るのはキツイですが、その逆、オフロードバイクでオンロード(一般道)を走ることは余裕です。

なので、ツーリングも林道も楽しめるということ。

どちらも走りたい方はオフ車一択です。

ちなみに、林道めっちゃ楽しいですよ。

燃費が良い

オフ車、燃費いいです。

単気筒エンジンで馬力も控えめなので、燃費ついてはグッド。

走り方や車種にもよりますが30km/L以上は十分走ります。

スズキ ジェベルは30km/Lでタンク容量17Lなので510kmも走れます。やべぇ(笑)

ボクは以前、HONDA XR250に乗っていましたが(モタードですが)、35km/L前後は走りました。タンク容量が10Lくらいだったので、無給油で300kmくらい。

燃費の良さから、ツーリングにもおすすめできます

整備性が良い

オフ車はすごくシンプルな構造です。

いろんな場所にアクセスしやすく、カウルを外したりもないです。

エンジンは単気筒エンジンが多く、整備・修理もしやすい。

整備をしてる身から、初心者の方で、『自分でメンテナンスをして乗りたい!』って方にはオフ車をおすすめします。

タイヤの脱着・プラグ交換・オイル交換など十分セルフで行えるレベルだと思います。

目的別オフロードバイクの選び方【メーカーで選ぶ編】

さて、この記事の本題にはいります。

  • メーカーで選ぶ
  • 排気量で選ぶ
  • 足つきで選ぶ
  • 性能で選ぶ
  • 価格で選ぶ

今回は【メーカーで選ぶ】について書いていきます

それではいきましょう。

まず、どのメーカーがいいんだろうと思う方もいると思います。

各メーカー、オフ車を展開していますが、メーカーごとに特徴があったりして面白いです。

主要メーカーはこんな感じですね。

各メーカーの特徴です。(個人的なイメージもあります)

HONDA(ホンダ)

ホンダの空冷シングルエンジン!

信頼と安心のホンダです。

ホンダは主に4ストロークのバイクを得意としていて、その中でも空冷エンジンはとても丈夫で、信頼のおけるエンジンです。

ホンダのバイクは整備性もよく、個人的にけっこう好きなメーカーです。

空冷エンジンのオフ車で、一番選択肢があるのはホンダではないでしょうか。

ただ、現行車ではCRF250Lしかオフ車のラインナップがなく、コチラは水冷エンジン。

どのメーカーにも言えることですが、基本的にオフ車は中古で探した方がいいですね。

個人的にホンダで欲しいバイクはXR600R。ビッグトルク!!

  1. XR600R
  2. XR650L
  3. XR400R
  4. XR250
  5. XR230
  6. XLR250
  7. CRF250L
  8. SL230
  9. XL230
  10. XL250
  11. TLR200
  12. FTR223
  13. エルシノア250
  14. CRM250

過去には600ccのオフ車も販売していました。

オススメの車種は中古相場の球数が多く、年式も新しいXR250。

またどのモデルも派生系が多いので選ぶ際には注意しましょう。

YAMAHA(ヤマハ)

SNSで『#YAMAHAが美しい』でおなじみのヤマハ。

個人的にヤマハのイメージはおしゃれな感じ。SNS映えするバイクが多いですね。

SR400やYZF-R25などオフ車ではないですがバイク女子にも人気のメーカーです。

高性能・高スペックのWR250や、ロングセラーのセロー250など初心者から上級者までラインナップしてます。

セロー250も今ではもうファイナルエディションとなってしまいました。

新車でお探しの方は今がラストチャンスかもしれません。

個人的にヤマハで欲しいバイクは70年代の空冷2スト。めちゃめちゃかっこいいです。

  1. XT500
  2. XT400
  3. WR250R
  4. セロー250
  5. セロー225
  6. ブロンコ
  7. TT-R250
  8. TT250
  9. XT250
  10. XT200
  11. トリッカー
  12. DT200R
  13. DT230 LANZA

ヤマハでオススメなのは、やはりWR250Rとセロー250ですね。

中古相場の球数も多く、選びやすいです。

性能で選ぶならWR250R一択です。タンク容量も多くツーリングをトコトコ走りたい方はセロー250。

他人と被りたくない方は80.90年代の2ストも狙い目です。

SUZUKI(スズキ)

スズキは2ストのイメージです。

オフ車のイメージも強く、わりとオススメです。

乗っている人も比較的少ないので、他人と被りたくない方にはスズキはおすすめ!

いまだに『え、こんなバイクあったの!?』っていうのがよくあるのがスズキ(笑)

個人的にスズキで欲しいバイクはDR-Z400。

めちゃ速いってウワサのバイクです。

  1. DR-Z400
  2. ハスラー400
  3. DR250R
  4. ジェベル250XC
  5. ジェベル200
  6. RMX250
  7. TS200R
  8. ハスラー250
  9. ハスラー125

スズキは基本的に中古相場の球数が少ないです。

販売台数が少ない上、年式もけっこう古いバイクも多いです。

上にあげたラインナップの中で比較的、球数が多いのはジェベル250XCくらい。。

でもこのバイク、タンク容量が17Lも入るので無給油で500kmくらい走ります。

これはすごい。ただ、好みの分かれそうなデザインです。

KAWASAKI(カワサキ)

ラストはカワサキです。

カワサキはオフ車のラインナップがイマイチ。

種類も少ないです。

有名どころだとKLX250とKDXシリーズですかね。

2ストのオフ車をお探しなら、KDXはオススメです。年式も新しく球数も多い。

現行でKLX230が発売されました!空冷フルサイズでいい感じ。

KLX230 カスタム
KLX230 【カスタムまとめ】ヘッドライトを変えてクールな見た目に!2019年10月15日にカワサキから発売されたKLX230 スペック、価格ともに魅力的ですが、問題がひとつ、、、 それはヘッ...

コチラの記事でも紹介しています。

  1. KLX400SR
  2. KLX250
  3. KLX230
  4. スーパーシェルパ
  5. 250TR
  6. KLX125
  7. KDX250SR
  8. KDX220SR
  9. KDX200SR
  10. KDX125SR

スーパーシェルパ・KLX250・250TRあたりが比較的、中古相場の球数が多いです。

250TRは本格オフロードバイクではないですが。

KTM

基本的に競技車がメインです。

モトクロッサーは公道走行不可ですが、エンデューロモデルはナンバー取得も可能です

現行モデルで2ストに乗れるのは魅力的ですね。

価格はけっこうお高めです。。

  1. 690エンデューロR
  2. 250EXC
  3. 250EXC-F
  4. 350EXC-F
  5. 450EXC-F
  6. 500EXC-F

EXCが2スト、EXC-Fが4ストロークのモデルです。

ハイスペックを求める方にはオススメ!!

Husqvarna(ハスクバーナ)

スウェーデン生まれのハスクバーナ。

コチラも競技車がメイン。

KTMと同じく、モトクロッサーは公道走行不可ですが、エンデューロモデルはナンバーの取得も可能です。

  1. 701エンデューロ
  2. E250I
  3. FE250
  4. FE350
  5. FE450
  6. FE500

ハスクバーナも価格は高いですが、高性能なので、スペックを求める方にはオススメです。

新車で買うことができるのも魅力的です。

アプリリア(aprilia)

イタリアからはアプリリア。

ラインナップは少ないですが、現行で125ccフルサイズが販売されています。

外車ですが、価格はお手頃です。

性能は驚くほど高くはないですが、国産125ccクラスに比べれば、魅力的なスペックです。

初心者の方にオススメしたい10選

コチラの記事で、オススメ10選を紹介しています。

250ccオフロードバイクおすすめ10選!【2020年最新】【スペックや中古相場を比較】 どうも、Taro(@taro_vanlife)です 今回の記事では、バイク店で働いているボクが本気でオススメする250ccオフロー...

球数が多く、価格的にも購入しやすいものをチョイスしました!

【まとめ】初めてのオフロードバイクの選び方

国産メーカー4社、海外メーカー3社と紹介しましたが、参考になったでしょうか。

メーカーの好みはけっこうあると思います。

自分の好きなメーカーで好みのモデルが見つかれば幸いです!

この記事で紹介したモデルのラインナップが全てではありません!

あくまで比較的、球数が多く、購入しやすいものを紹介しました。

初心者の方は250cc以下のモデルを選ぶのをオススメします。

競技車ベースはハイパワーすぎて、足つきも悪かったりもしますので、初めてで選ぶのはオススメしません。見た目はすごくかっこいいけどね!

それでも買いたいのであれば125ccクラスにしましょう。

ABOUT ME
taro
バイク、車、DIYなどが趣味の23歳。田舎でゆるく暮らしています。有益な情報をお届けします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です