motorcycle

月々370円〜、バイクの盗難保険っていらない?【迷っている人向け】

悩む人
悩む人
バイクの盗難保険って本当に必要?

今回の記事では『バイクの盗難保険』について解説します!

本記事は

  • バイク盗難の実態【Twitter被害者例】
  • バイク盗難保険をおすすめする3つの理由
  • バイクが盗まれないために
  • バイク盗難保険のメリット・デメリット

この構成で進めていきます。

✔︎この記事を書いてる人

この記事を書くボクはバイク歴5年、バイク屋で勤務。

まだまだ勉強中ですが、有益な情報を発信できたらなと思っています。

クラシックバイク(特に外車)が好み。

さて、ライダーのみなさま、『盗難保険』って加入してますか?

自分の愛車が盗まれた際に降りる保険のことです。

意外と入っていない方が多いですが、結論としては加入をおすすめします。

理由は3つ

  • バイクが盗難された場合、戻ってくる確率は17%しかないから。
  • 月々370円(日割りで12円/日)から加入できる。安い。
  • バイクの盗難だけでなく、カスタムパーツの盗難や鍵穴のイタズラにも補償がある。

盗難だけでなく、鍵穴のイタズラやパーツの盗難にも対応していて、それでもって月々370円〜プランが選べます。

『コレってけっこうお得じゃないですか?』

特に盗まれやすい車種の方は、入らない理由がないと言っても過言ではないです。

『いやいや、バイクなんてそんな盗まれないからww』って思っている方も多いと思います。

ふつうに盗まれますから。まじで。

↓次の項目で実際にあったバイク盗難の例を紹介します。

バイク盗難の実態【Twitterでの被害者例】

悲しくもTwitterで『#バイク盗難』で検索すると、たくさんの被害者が見つかります。

実例をいくつか上げてみましょう。

ケース① CBR600RR/2009年式

【中古相場】 60万円〜100万円

自宅前で盗まれた一例。

ケース② DR-Z400S 

【中古相場】 30万円〜70万円

深夜帯の盗難です。こちらの車種は生産終了モデルで中古相場の価値も高いです。

このようなバイクは要注意!

ケース③ CB400SF

【中古相場】20万円〜99万円

人気車種のCB400SF、このような車種も盗まれやすいです。

バイク盗難の実態

ちょっと調べただけでたくさん出てきました。

もちろん、価格が高いバイクでなくても、愛車が盗まれた時の虚しさは計り知れません。

上に上げた例だけでなく、

  • 原付スクーター
  • 外車
  • 絶版車

なども盗まれます。

なんなら、原付は特に危険。

▽バイク盗難の手口

プロがやれば”秒”です。

バイク盗難保険をおすすめする3つの理由

冒頭で軽く触れましたが、バイク保険をおすすすめする理由を解説します。

理由は3つ!!

  1. 盗まれたバイクが綺麗な状態で戻ってくる可能性はかなり低いから
  2. 月々370円から選べるプラン。最大で300万円の保証
  3. 盗難だけでなく、鍵穴のイタズラ・パーツだけの盗難のも対応

以上となります。

一つずつ解説していきます。

盗まれたバイクが綺麗な状態で戻ってくる可能性はかなり低いから

冒頭でも触れましたが、バイクを盗んだ犯人が捕まる確率は17%、、、

たった17%です。

では、犯人は捕まらなくとも、バイクが戻ってくる確率は?

こちらは42%

わりとバイクが戻ってくる確率で見れば、高いかもしれませんね。

ただ、綺麗な状態で戻ってくる可能性はかなり低く、イタズラされたり、パーツが盗まれたりなど、損害はけっこうな金額になりますね。

しかも、犯人が捕まっていなければ、もちろん自己負担です。

最悪なのはバイクをローンで購入した場合、車体が盗まれても、ローンを支払う義務はもちろん残ります。

最悪です。ほんと最悪ですよ。

ぼくがおすすめするZuttoRide Clubでは上の保証が受けられるので、『パーツだけ盗まれた』『鍵穴を壊された』などにも対応できます。

デメリットは特にありませんが、”保険料”についてどう考えるかですね。

月々370円から選べるプラン。最大300万円の保証。

ざっと、ZuttoRide Clubのプランはこんな感じ↑

プランの数字(5万円〜300万円)が保証金額になります。

  • 5万円 →¥4,400/年 →¥367/月 →¥12/日
  • 30万円 →¥12,700/年 →¥1,059/月 →¥35/日
  • 100万円 →¥34,700/年 →¥2,892/月 →¥96/日
  • 200万円 →¥63,000/年 →¥5,250/月 →¥175/日

200万円の保証でも日割りで考えれば一日175円、コレを安いと思うか、高いと思うかはあなた次第です。

また、2.3年プランで入れば割引が適応されます。

注意点が一つ、それは自分のバイクの価値以上のプランには加入できないと言うこと。

つまり、

『原付スクーターで300万円のプランに入りたい!』

コレはできません。

市場相場と照らし合わせて、補償額の上限が決まります。

ZuttoRide Clubで査定額と保険料を調べる

盗難だけでなく、鍵穴のイタズラ・パーツだけの盗難のも対応

ZuttoRide Clubでは盗難保証だけでなく、『盗難未遂』、バイクこそ盗まれなかったけど、マフラーが盗まれた。や鍵穴を壊された。などにも対応してくれます。

コレってけっこうありがたいんじゃないですかね。

基本的に綺麗な状態で自分の元に戻ってくる可能性はかなり低いので(笑)

パーツの補償額は5万円〜20万円。

20万円の保証があればフルエキマフラーがごっそり盗まれても問題なしですね。

バイクを盗まれないためには

盗難保険に入るのも大事ですが、大前提として、日頃から『盗まれないような保管』をすることが大切です。

具体的には

  • 複数のロックを使う
  • ハンドルロックをする
  • 頑丈なロックを選ぶ
  • アラーム付きのものを選ぶ
  • 地球ロックをする(鍵の掛け方)
  • バイクカバーも使用する

などいろんな対策をするべきです。

マンションやアパートの駐輪場を利用している方は盗まれるリスクが高いかなと思います。

鍵の購入はケチらず、頑丈の物を選んだ方がいいかと。

デイトナから出ているチェーンロックが比較的、安くおすすめです。

最強クラスのロックはこちら↓(めちゃ高いです)

タイヤをロックしても、台車なんかに載せれば簡単に盗まれてしますので、絶対に壊れない建物や支柱などに固定することが大切です。

いわゆる地球ロック

↓の記事でオススメのチェーンロックを紹介しています。(安いもので2,000円から)

【携帯性抜群】持ち運びしやすいバイクロックがオススメ! 今回の記事では『持ち運びしやすい』バイクロックについて紹介します。 結論として、買っておいて損はないと思い...

バイク盗難保険まとめ

さて、この記事の冒頭の『バイクの盗難保険って本当に必要?』という質問に対する答えは『必要です。』

当然です。とはいえ、お金がかかることなので、必ずとは言いませんが

  • 盗まれやすい車種
  • マンション・アパートの駐輪場を利用している
  • 治安の悪い地域に住んでる
  • 通勤・通学で使う

などに当てはまる方は一度、検討してみてもいいかなと思います。

日割りで考えれば、1日あたり100円程度ですから。

ZuttoRide Clubで査定額と保険料を調べる

 

それではライダーの皆さま、バイク盗難にはくれぐれもご注意を。

Twitter(@taro_vanlife)やってます。

『バイクに関する有益な情報・当アカの愛車・メンテナンス・・・』などバイクに関するアレコレを発信してます。

ぜひコチラもフォローよろしくお願いします!

ABOUT ME
taro
バイク、車、DIYなどが趣味の23歳。田舎でゆるく暮らしています。有益な情報をお届けします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です