グローブ

【バイク用電熱グローブ】タイチとコミネの違いについて13モデルを比較してみた。

悩む人
悩む人
電熱グローブは『タイチとコミネ』どっちがおすすめなの?

この記事ではこのような悩みを解決します。

『どっちのメーカーも似たりよったりで選び方がわからない!』という方は多いのではないでしょうか。

たしかに、HPを見てもイマイチわかりにくいのも事実……。

ですので、この記事では『各メーカーのラインナップや比較』を初心者の方にもわかりやすく解説します!

ちなみに、『電熱グローブかグリップヒーターどちらかで迷っている方』はまずはコチラの記事をクリック↓

【比較してみた】電熱グローブとグリップヒーターどっちがおすすめ? この記事ではこのような悩みを解決します。 ✔︎この記事を書いてる人 この記...

✔︎この記事を書いてる人

この記事を書くボクはバイク歴6年、バイク屋で勤務。

整備士として働いています。

まだまだ勉強中ですが、有益な情報を発信できたらなと思っています。

クラシックバイク(特に外車)が好み。

電熱グローブを購入しようと思ったら、まず最初に候補に上がるのが『タイチもしくはコミネ』かと思います。

どちらもしっかりとしたメーカーで、品質・性能ともに優れているのですが、各社で微妙に性能や価格が異なります。

なので、この記事では各社の比較をしていきたいと思います。

ちなみに、結論から言うと、、、『予算に余裕があるなら→RSタイチ』『コスパ重視なら→コミネ』

品質『RSタイチ>コミネ』コスパ『RSタイチ<コミネ』といった具合です。

この記事を読めば、

  • タイチ・コミネの全モデルについて詳しくわかる
  • タイチとコミネの性能差がわかる
  • タイチとコミネの価格差がわかる

電熱グローブ選びでお悩みの方は必見の内容となっています!

それでは、最後までお付き合いください。

【モデル紹介】バイク用電熱グローブ!タイチとコミネの違いについて

まずは各メーカーのラインナップについて紹介します。

各メーカー5種類ほどラインナップがあります。

各モデルの違いは

  • 給電方式
  • 素材
  • 袖周りの長さ(カフ部分)

などの違いがあります。

プロテクターがより多く入っているものなどは少し値がはりますね。

それでは、まずはRSタイチから紹介していきましょう。

電熱ギアに関するおすすめ記事3選

① まだ、電熱グローブを持っていない方に向けた記事です。
安いものだと数千円から購入可能!

【最安値は1,800円〜】バイク屋が選ぶ!おすすめ電熱グローブ8選! この記事ではこんな悩みを解決します。 ✔︎この記事を書いてる人 この記事を...

② 全身を電熱ギアにしたい方におすすめな記事です。コミネはバリエーション豊富でコスパよく、全身を電熱ギア化することが可能です。

【全身・電熱化するには】バイク用電熱ウエアの選び方を分かりやすく解説! この記事ではこの疑問を解決します。 「バイクに乗るのが寒くて、全身を電熱ウエアに身を包みたい!!」 ...

③ 電熱グローブかグリップヒーター、どちらにしようか悩んでいる方に向けた記事です。
どちらもメリット・デメリットありますが、導入費用が安いのはグリップヒーター。

【比較してみた】電熱グローブとグリップヒーターどっちがおすすめ? この記事ではこのような悩みを解決します。 ✔︎この記事を書いてる人 この記...

RSタイチ 電熱グローブ(e-HEAT)ラインナップ

 

タイチの電熱グローブ(e-HEAT)は5種類のラインナップがあります。

  1. RST640→おすすめ!!
  2. RST632
  3. RST639
  4. RST643→おすすめ!!
  5. RST642

以上の全5モデルとなります。

この中でも、おすすめは『①RST640』と『④RST643

それぞれのモデルについて紹介していきましょう。

① RST640

 

【給電方式】

  • 12V車両接続ケーブルセット(RSP041)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 専用モバイルバッテリー(RSP057)
    →通勤・通学などにおすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • 初めての方にもおすすめなスタンダードモデル
  • ソフトプロテクションなので、グローブの操作性を求める方へ
  • 女性向けのサイズ展開もあり

▷RST640(4色展開)

▷専用バッテリー(RSP057)

▷車体接続ハーネス(RSP041)

② RST632

 

【給電方式】

  • 12V車両接続ケーブルセット(RSP041)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 専用モバイルバッテリー(RSP057)
    →通勤・通学などにおすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • ナックル&パームプロテクターにカーボン素材を採用してるので、より安全性を求める方へ
  • 防水透湿性に優れているので、雨は通さず、中は蒸れずでより快適に。

▷RST632(3色展開)

▷専用バッテリー(RSP057)

▷車体接続ハーネス(RSP041)

③ RST639

【給電方式】

  • 12V車両接続ケーブルセット(RSP041)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 専用モバイルバッテリー(RSP057)
    →通勤・通学などにおすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • ハードプロテクターを配したスポーティーモデル。
  • ナックルパーツをフローティング加工で取り付けることにより、甲側の可動域を向上。

▷RST639(4色展開)

▷専用バッテリー(RSP057)

▷車体接続ハーネス(RSP041)

④ RST643

【給電方式】

  • 12V車両接続ケーブルセット(RSP041)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 専用モバイルバッテリー(RSP057)
    →通勤・通学などにおすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • ハードタイプのナックルプロテクターを採用。
  • 遊び心のあるカジュアルなグラフィックデザイン。
  • 発熱ユニットは、指先と手の甲に配置。
  • 透湿防水性に優れているので、雨は通さず、中は蒸れずでより快適に。

▷RST643(3色展開)

▷専用バッテリー(RSP057)

▷車体接続ハーネス(RSP041)

⑤ RST642

【給電方式】

  • 12V車両接続ケーブルセット(RSP041)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 専用モバイルバッテリー(RSP057)+延長ケーブル(RSP056)
    →通勤・通学などにおすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • ショートカフモデル。
  • ソフトタイプのプロテクター採用で気軽に使いたい方におすすめ。
  • バッテリーを収納するスペースがないので、延長ケーブルが必要。

▷RST642

▷専用バッテリー(RSP057)

▷車体接続ハーネス(RSP041)

▷延長ケーブル(RSP056)

コミネ 電熱グローブ ラインナップ

 

コミネの電熱グローブはRSタイチより3種類多い8モデルからのラインナップとなっています。

価格帯としてはRSタイチよりお手頃、性能はRSタイチに比べやや劣るかなといった感じのメーカーです。

とはいえ、必要十分な性能は持ち合わせています。

インナーグローブなどもあり、バリエーション豊富なのも魅力的。

中でもおすすめのモデルは『EK-215』『EK-200』『EK-202』『EK-201

  1. EK-216
  2. EK-215→おすすめ!!
  3. EK-205
  4. EK-204
  5. EK-200→おすすめ!!
  6. EK-202→おすすめ!!
  7. EK-201→おすすめ!!
  8. GK-804

① EK216

 

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12V)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • リブニットカフ採用で脱ぎ着しやすく、気軽に使いたい方へ。
  • バッテリーを内蔵しないため、コンパクトに使用可能。
  • 価格も安く、エントリーにおすすめ。
    →安く電熱グローブを導入したい方へ。
  • 電源ハーネス付属で、すぐに使える。(バッテリーに繋ぐだけ)
    →ツーリングなどでバッテリー残量の心配がいらない。
  • 別売電源が不要なので、安く導入できる。

▷EK-216(電源ハーネス付属)

② EK-215

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12Vシガーソケット)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 7.4V専用バッテリーセット
    →通勤・通学におすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • ハードプロテクター内蔵で安全性が高い。
  • 指先 / 掌 / 指先+掌と発熱エリアを選択可能。
  • 透湿防水仕様で雨の日でも安心。
  • 中綿入りなので、本格的な寒さにも対応。

シガーソケット電源のおすすめはデイトナ製です↓

【取り付け簡単】バイク用シガーソケット電源はデイトナ製がおすすめな3つ理由 この記事ではこのような悩みを解決します。 シガーソケット電源は電熱グローブやナビ、電動エアーコンプレッサー...

▷EK-215(バッテリー別)

▷EK-208 シガーソケット電源セット

▷EK-207 7.4V専用バッテリーセット

③ EK-205

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12Vシガーソケット)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 7.4V専用バッテリーセット
    →通勤・通学におすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • 透湿防水性能などは②EK-215とほぼ同じ。
  • グラフィックデザインがジャケットなどと合わせやすすい。
    →おしゃれな電熱グローブをお探しの方へ。

▷EK-205(バッテリー別)

▷EK-208 シガーソケット電源セット

▷EK-207 7.4V専用バッテリーセット

④ EK-204

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12V)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • インナーグローブなので、お気に入りのグローブに合わせて使用可能。
  • 電源ハーネス付属で、すぐに使える。(バッテリーに直接繋ぐだけ)
    →ツーリングなどでバッテリー残量の心配がいらない。
  • 価格もお手頃で、エントリーにおすすめ。
    → 一番安く、電熱グローブを導入したい方へ。
  • 別売電源が不要なので、安く導入できる。

▷EK-204(電源ハーネス付属)

⑤ EK-200

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12Vシガーソケット)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 7.4V専用バッテリーセット
    →通勤・通学におすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • 握りやすいフローティング構造のカーボンプロテクターを拳に内蔵。
  • CE規格衝撃吸収フォームを指に装備。
  • 中綿・防水透湿性能などの基本性能を装備しつつ、プロテクターが他のモデルより優れている。→より安全なグローブをお探しの方に。

 

シガーソケット電源のおすすめはデイトナ製です↓

【取り付け簡単】バイク用シガーソケット電源はデイトナ製がおすすめな3つ理由 この記事ではこのような悩みを解決します。 シガーソケット電源は電熱グローブやナビ、電動エアーコンプレッサー...

▷EK-200(バッテリー別)

▷EK-208 シガーソケット電源セット

▷EK-207 7.4V専用バッテリーセット

⑥ EK-202

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12V)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • コミネ製ジャケットから給電
    →配線スッキリにまとまる。

【こんな方におすすめ!】

  • バッテリースペースのないショートタイプなので、コンパクトな取り回しが可能→街乗りなどに最適。
  • 電源オフ時にも普通のウィンターグローブとして使用可能。
  • 電源ハーネス付属なので、すぐに使用可能。(バッテリーに直接繋ぐだけ)
    →バッテリー残量の心配なし
  • 別売電源が不要なので、導入費用が安い。
  • ジャケットと合わせて使用したい方へ。

▷EK-202(電源ハーネス付属)

⑦ EK-201

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12V)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • コミネ製ジャケットから給電
    →配線スッキリにまとまる。

【こんな方におすすめ!】

  • バッテリースペースのないショートタイプなので、コンパクトな取り回しが可能→街乗りなどに最適。
  • 電源オフ時にも普通のウィンターグローブとして使用可能。
  • 電源ハーネス付属なので、すぐに使用可能。(バッテリーに直接繋ぐだけ)
    →バッテリー残量の心配なし
  • 別売電源が不要なので、導入費用が安い。
  • ジャケットと合わせて使用したい方へ。
  • ⑥EK-202のロングモデル

▷EK-201(電源ハーネス付属)

⑧ GK-804

【給電方式】

  • 車載バッテリーから給電(DC12Vシガーソケット)
    →バッテリーを気にせず、ロングツーリングなどにおすすめ。
  • 7.4V専用バッテリーセット
    →通勤・通学におすすめ。

【こんな方におすすめ!】

  • 目立ちにくい内蔵ナックルプロテクター装備
  • 従来型のヒーターの配置を見直し、指先の暖かさを強化
  • 電源OFF時でも高機能ウインターグローブとして使用可能

▷GK-804(バッテリー別売)

▷EK-208 シガーソケット電源セット

▷EK-207 7.4V専用バッテリーセット

バイク用品をお得に購入する方法【5つのメリット】

Amazonでバイク用品を購入する方は、プライム会員になることで、よりお得に、お買い物することが可能。

プライム会員で得られる6つのメリットを紹介します。(月々409円でこれらのサービスを受けることができるのはかなりお得)

「Amazonは利用しないよ〜。」という方はスキップして頂いてOK。

ちなみに、30日間は無料体験可能。なおかつ、退会するのも簡単です。(うっかり、無料期間を過ぎてしまっても返金してもらえます。)

Amazonプライムの無料体験はコチラ

学生の方は学割サービスを利用すると、半額で登録可能。Amazon Studentというサービスになります。

年額2450円、さらに無料期間が6ヶ月間もあります。かなり安い。

Prime Studentの無料体験はこちら

メリット① 送料・お急ぎ便が無料になる(配送特典)

Amazon通常会員の場合、合計金額2,000円以下だと配送料350円がかかってしまいます。

それがプライム会員になると無料!(2,000円以上の場合は通常会員も無料)

  1. 商品代金2,000円以下でも送料無料
  2. お急ぎ便無料
  3. 当日お急ぎ便無料
  4. 日時指定便無料

といった配送特典が受けられます。

ケミカル類などちょこっとした買い物でも送料が無料になるのは助かりますね。

Amazonプライムの無料体験はコチラ

メリット② Amazonギフト券・Amazonマスターカードのポイント還元率アップ

Amazonにもポイントがあるのってご存知でしたか?

実は通常会員の方でも商品購入をすると、1%のポイント還元があります。還元率はそこまで高くないですね。

ただ、Amazonギフト券チャージという機能を利用し、Amazonに事前に利用金額をチャージすることで、最大2.5%のポイント還元が可能になります!

チャージ金額に応じて、ポイントアップする仕組みです。

さらに、プライム会員になると、通常のポイントに0.5%されるので、大きい買い物をするのであれば、プライム会員になった方がよりお得。

例)100,000円チャージした場合

  1. 通常会員⇨2,000ポイント還元
  2. プライム会員⇨2,500ポイント還元

チャージするだけで、これだけお得に買い物できるのはわりとすごい仕組み。

バイク用品は高価な物が多いので、特におすすめ。

Amazonプライムの無料体験はコチラ

ご利用方法も難しくないので安心ですね。

また、AmazonMasterCardを作れば、チャージせずとも、2.0%〜2.5%のポイント還元が可能になります。

コチラの方法は年会費がプライム会員より高めです。(実質6,900円)

メリット③ Prime Videoが見放題(映画・バラエティ・ドラマなど)

お買い物時だけでなく、プライム会員になると、プライムビデオが見放題になる。かなり大きなメリットがあります。

むしろ、プライムビデオがメインのコンテンツと言っても過言ではないです。

ちなみに、Hulu、U-NEXT、Netflixなどの月額制動画オンデマンドサービスと比較すると、プライムビデオは圧倒的にコスパがいいのが特徴。

Hulu(60,000タイトル)

933円

U-NEXT(120,000タイトル)

1990円

dTV(120,000タイトル)

500円

プライムビデオ(37,000タイトル)

409円(一番安い)

プライム会員のコスパはハッキリ言ってやばいレベル。

Amazonプライムの無料体験はコチラ

メリット④ Prime Musicが聴き放題(2,000,000曲)

4つのメリットはプライムミュージックが聴き放題になること。

Amazonでは2種類のプランから音楽を聴くことが可能です。

プライムミュージックはAmazon Music Unlimitedのお試し版のような位置付けとなります。

とはいえ、十分な量の音楽が選べます。

ツーリングの際に聞くBGMとしても使うことができますね。

Amazonプライムの無料体験はコチラ

メリット⑤ Prime Readingが見放題(アウトドア雑誌など多数)

5つ目はプライムリーディングで雑誌などが読み放題になります。

コチラのサービスもプライムミュージックと同じようにKindle Unlimitedのお試し版のような位置付けとなっています。

しかし、ラインナップは十分あり、アウトドア雑誌「GOOUT」などもプライム会員であれば、追加料金なしで読み放題です。 (2022年1月のラインナップ)

追加料金を払うことでKindle Unlimitdでより多くの本が読み放題に。

Amazonプライムの無料体験はコチラ

【まとめ】タイチ・コミネのおすすめ電熱グローブはこれ!!

ラインナップが多く、長くなってしまいましたが、タイチとコミネの合計13種類の中からおすすめの電熱グローブは以下の6種類です!!

『車体からしか電源取らないよ!なおかつ安いモデル!』

EK-202

EK-201

『バッテリー給電と車体給電からどちらでも使いたいよ!』

RST640

RST643

EK-215

EK-200

このような選び方をしていただければ、良いお買い物ができるかと思います。

予算に余裕があるのであれば、RSタイチの方がおすすめ!

品質的や性能的に少し優位だと思います。

それでは電熱グローブで冬場もバイクライフを楽しみましょう!

『RSタイチやコミネの電熱グローブが高い!』という方はコチラ↓

【最安値は1,800円〜】バイク屋が選ぶ!おすすめ電熱グローブ8選! この記事ではこんな悩みを解決します。 ✔︎この記事を書いてる人 この記事を...
ABOUT ME
LUDOSPACE
バイク、車、DIYなどが趣味の25歳。整備士として勤務中。有益な情報をお届けします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です