DAX125

ダックス125用リアボックスのおすすめ7選!【元整備士が解説】

悩む人
悩む人
ダックス125におすすめのリアボックスを知りたい!自分で取り付けることはできるの?

この記事ではこういった疑問を解決します。

キャンプやツーリングでバイクに荷物をたくさん積みたい方も多いではないでしょうか?

しかし、ノーマル状態のダックス125では多くの荷物を積むことはできません。

そこで、ダックス125に荷物をたくさん積みたい場合はリアボックス(トップケース)の装備がおすすめ!

リアボックスは、よりたくさんの荷物を積むことができ、防犯性や防水性にも優れています。

とはいえ、どのメーカーのリアボックスを購入すればよいかわからない方も多いでのはないでしょうか?

『メーカーによる違いは?』『耐荷重は?』『取り付けは自分でも可能?』といった疑問もあるでしょう。

そこでこの記事では、ダックス125におすすめのリアボックスについて解説します。

ぜひ最後までお付き合いください。

  • ダックス125におすすめのリアボックスを解説
  • リアボックスの取り付けのコツを解説

✔︎この記事を書いてる人

この記事を書くボクはバイク歴6年、バイク屋で整備スタッフとして3年間働いていました。

まだまだ勉強中ですが、有益な情報を発信できたらなと思っています。

クラシックバイク(特に外車)が好み。

ダックス125用リアボックスのおすすめ7選!【元整備士が解説】

一般的には、リアボックスを取り付けると以下のようなメリットやできることがあります。

できること・メリット

  • 荷物をたくさん積める
  • 鍵付きの荷物スペースができる
  • 雨に濡れない

トップケースは、防犯性に優れ、雨にも濡れません。

ヘルメットの収納にも便利です。

次にデメリットは以下の通りです。

リアキャリアのデメリット

  • 見た目に影響
  • 重くなる
  • バイクの取り回しが悪くなる

リアボックスを取り付けると、車重が重くなります。

さらに荷物を積むと、バイクの重心が高くなり、取り回しにも影響が出ます。

とはいえ、ダックス125の場合、車重も軽く、足つきも良いので、影響は少ないでしょう。

ただし、車体が小さいのであまりにも大きいボックスの装着はおすすめできません。(50Lまでがおすすめ)

リアキャリアをまだ購入してない方はエンデュランス製がおすすめです。

理由は最大積載量が高く、これから紹介するトップケースの取り付け確認がされているからです。

>>ダックス125用リアキャリアおすすめ5選!【元バイク屋が解説】

エンデュランス製のリアキャリアはこれらのリアボックスの取り付けベースに対応しています。

GIVI (ジビ) 【モノロックケース】E300N2シリーズ (ストップランプ無し)

 

リアボックス(トップケース)トップブランド、GIVIのモノロックケース30Lです。

30Lと小さめのサイズなので、普段使いしやすいサイズです。

モノロックシリーズは幅広い車種に取り付けることができるのが特徴です。

最大積載量や耐久性・防水性は、GIVIのハイエンドモデル(モノキーシリーズ)に比べると劣ります。

しかし、価格がお手頃で、本体の重量も軽いので、普段使いであれば、モノロックシリーズがおすすめです。

価格も1万円ほどで購入可能。(取り付けベース付き)

リアボックス選びでは、使い勝手の快適さとかっこよさを兼ね備えたGIVIがやはり最強です。

 

30Lサイズでもフルフェイスヘルメットを収納可能です。

 

サイズ感はこのような感じ。

車体の小さいダックス125でも違和感のないサイズでしょう。

取り付けベースが付属しているので、キャリアにベースを取り付るだけでOK。

モノロックシリーズの取り付けベースは、ほとんどのキャリアに対応します。(エンデュランス製キャリアは適合確認済)

筆者の経験としても、モノロックシリーズの取り付けベースは、『50ccスクーターの小さいキャリア』『スーパーカブの大きいキャリア』などさまざまなバイクに取り付けしてきました。

容量 30L
本体重量 3kg(ベース込み)
奥行×幅×高さ 400×410×300㎜
最大積載量 3kg
  • 使いやすい30Lサイズ
  • 価格がお手頃
  • モノロックシリーズでさまざまなキャリアに対応
  • カラーバリエーション複数あり

▽購入はこちらから(カラーはリンク先から選択可能)

GIVI (ジビ) 【モノロックケース】 B32 BOLD (ストップランプ無し)

リアボックス(トップケース)トップブランド、GIVIのモノロックケース32Lです。

A4サイズもスッポリ入るスクエアフォルムが特徴です。

Amazonベストセラー1位に輝いているほど人気のモデル。

メタリックの塗装は、ソリッド塗装に比べてキズや汚れが目立ちにくく普段使いにも最適です。またプッシュボタンもブラックとし一体感を高めます。

モノロックシリーズは幅広い車種に取り付けることができるのが特徴。

最大積載量や耐久性・防水性は、GIVIのハイエンドモデル(モノキーシリーズ)に比べると劣ります。

しかし、価格がお手頃で、本体の重量も軽いので、普段使いであれば、モノロックシリーズがおすすめです。

 

個人的に、ダックス125にはスクエアタイプのリアボックスが似合うと思います。

 

普段使いしやすいサイズと形状です。

取り付けベースが付属しているので、キャリアにベースを取り付るだけでOK。

モノロックシリーズの取り付けベースは、ほとんどのキャリアに対応します。(エンデュランス製キャリアは適合確認済)

筆者の経験としても、モノロックシリーズの取り付けベースは、『50ccスクーターの小さいキャリア』『スーパーカブの大きいキャリア』などさまざまなバイクに取り付けしてきました。

容量 32L
本体重量 3.2kg(ベース込み)
奥行×幅×高さ 433×405×303(mm)
最大積載量 3kg
  • 使いやすい32Lサイズ
  • スクエアタイプ
  • Amazonベストセラー1位
  • モノロックシリーズでさまざまなキャリアに対応
  • カラーバリエーション複数あり

▽購入はこちらから(カラーはリンク先から選択可能)

GIVI (ジビ) 【モノロックケース】B47 BLADEシリーズ (ストップランプ無し)

 

GIVIのモノロックケース47Lです。

47Lの大容量が特徴です。

大容量ながら、本体重量が比較的軽いので、ダックス125におすすめできるリアボックスです。

注意点として、最大積載量は30Lサイズと変わらず3kgです。

とはいえ、積載量オーバーで使用している人がほとんどだと思いますが。

 

 

ヘルメットが2つ並べて入る大きさです。

ヘルメット(約1.5kg×2個)で3kgなので、重量的にも問題なし。

 

ダックス125に装備すると少し大きく感じるかもしれませんが、モノロックシリーズなので、重量的にはそこまで重くありません。

取り付けベースが付属しているので、キャリアにベースを取り付るだけでOK。

モノロックシリーズの取り付けベースは、ほとんどのキャリアに対応します。(エンデュランス製キャリアは適合確認済)

筆者の経験としても、モノロックシリーズの取り付けベースは、『50ccスクーターの小さいキャリア』『スーパーカブの大きいキャリア』などさまざまなバイクに取り付けしてきました。

容量 47L
本体重量 4.6kg(ベース込み)
奥行×幅×高さ 445×570×340(mm)
最大積載量 3kg
  • 大容量47Lサイズ
  • ヘルメット2つ収納可能
  • モノロックシリーズでさまざまなキャリアに対応
  • モノロックなので比較的軽い

▽購入はこちらから(カラーはリンク先から選択可能)

GIVI (ジビ)【モノロックケース】 E43シリーズ (ストップランプ無し)

 

GIVIのモノロックケース43Lです。

43Lの大容量でスクエアタイプが特徴です。

大容量ながら価格もお手頃です。

大容量ながら、本体重量が比較的軽いので、ダックス125におすすめできるリアボックスです。

注意点として、最大積載量は30Lサイズと変わらず3kgです。

 

小さすぎず、大きすぎないちょうどいいサイズですね。

取り付けベースが付属しているので、キャリアにベースを取り付るだけでOK。

モノロックシリーズの取り付けベースは、ほとんどのキャリアに対応します。(エンデュランス製キャリアは適合確認済)

筆者の経験としても、モノロックシリーズの取り付けベースは、『50ccスクーターの小さいキャリア』『スーパーカブの大きいキャリア』などさまざまなバイクに取り付けしてきました。

容量 43L
本体重量 4.2kg(ベース込み)
奥行×幅×高さ 455×546×335(mm)
最大積載量 3kg
  • 大容量43L
  • スクエアタイプ
  • モノロックシリーズでさまざまなキャリアに対応
  • モノロックなので比較的軽い
  • お手頃価格

▽購入はこちらから(カラーはリンク先から選択可能)

GIVI (ジビ) 【モノキーケース】 V40 シリーズ (ストップランプ無し)

 

GIVIのモノキーケース40Lです。

これまで紹介したモノロックシリーズに比べ、防水性・耐久性・防犯性に優れています。

モノロックとモノキーの違いはこちら

最大積載量はモノロックは3kgですが、モノキーでは10kgまで積載可能です。(リアキャリアの耐荷重を考慮してください)

モノロックケースと異なり、汎用取り付けベースを別で購入する必要があり、エンデュランス製リアキャリアでは適合確認されています。

 

 

積載量は十分です。

容量 40L
本体重量 3.3kg
奥行×幅×高さ 440×530×340(mm)
最大積載量 10kg
  • 防水性・耐久性・防犯性に優れたモノキーケース
  • 最大積載量10kg

▽購入はこちらから

GIVI (ジビ)【モノキーケース】TREKKER DOLOMITIシリーズ

 

GIVIのアルミ製モノキーケースです。

サイズは30Lと46Lが選べます。

モノロックシリーズに比べ、防水性・耐久性・防犯性に優れています。

さらに、アルミ製であるため、最強の耐久性といっていいでしょう。

モノロックとモノキーの違いはこちら

最大積載量はモノロックは3kgですが、モノキーでは10kgまで積載可能です。(リアキャリアの耐荷重を考慮してください)

モノロックケースと異なり、汎用取り付けベースを別で購入する必要があり、エンデュランス製リアキャリアでは適合確認されています。

 

見た目のかっこよさは抜群ですね。

ブラックもかっこいいですよ。

 

ダックス125で使用するのであれば30Lサイズがちょうどいいと思います。

容量 30L/46L
本体重量 30L:4.4kg   46L:5.1kg
奥行×幅×高さ 30L:410×460×240(mm) 46L:410×460×340(mm)
最大積載量 10kg
  • 最強のタフさとかっこよさ
  • 耐久性に優れる
  • 30Lと46L選択可能
  • ブラックもあり

▽購入はこちらから(サイズ・カラーはリンク先で選択可能)

LASIEYO バイク用リアボックス トップケース アルミ合金製取付 取り付けベース付き キーロック可能 汎用ブラック (45L)

 

Amazonで人気のアルミ製リアボックスです!

アルミ製でありながら、お手頃価格。GIVIの半額以下ほどです。

見た目もかっこいいですね。

取り付けベースも付属しています。

ただ、重量がやや重いことが難点です。(6.4kg)

容量 45L
本体重量 6.4kg(ベース込み)
奥行×幅×高さ 410×330×350(mm)
最大積載量 記載なし
  • コスパ最強
  • 見た目かっこいい
  • アルミ製で耐久性・防水性に優れる

▽購入はこちらから

ダックス125に最もおすすめなリアボックスはコレ!

ダックス125におすすめのリアボックスは、ズバリ『GIVI モノロックシリーズ』です!

理由は、本体重量がモノキーケースより軽いからです。

ダックス125は車体が小さく、リアキャリアの耐荷重も8kgほどなので、少しでも軽いケースがおすすめ。

モノロックシリーズであれば、見た目の好みや大きさで選んでOKです。

リアボックスの取り付けは自分で出来る?

リアボックスは自分でも取り付けできるか不安な方も多いのではないでしょうか?

安心してください、自分でも十分取り付け可能なレベルです!

最低限の工具さえあれば、整備に不慣れな方でも作業可能なレベルです。

YouTubeに取り付け動画も上がっているので、問題ありません。

まとめ|ダックス125にリアボックスを装備してツーリングを快適に!

この記事では、ダックス125におすすめのリアボックスについて解説しました。

リアボックスを取り付ければ、キャンプやツーリングがもっと快適になります!

取り付けに関しても、YouTubeで取付動画も上がっているので安心です。

お店で取り付けると、どうしてもお金がかかってしまうので、DIYでの取り付けにチャレンジしてみましょう!

それでは、ダックス125で楽しいバイクライフを!

ABOUT ME
LUDOSPACE
バイク、車、DIYなどが趣味の25歳。整備士として勤務中。有益な情報をお届けします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です